スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「牟田刑事官vs終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子  森村誠一のタクシー」

土曜ワイド劇場 特別企画「牟田刑事官vs終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子・新宿で殺された女を乗せて能登半島へ危険なドライブ!殺人をのぞく女、森村誠一のタクシー」 2005/12/24放送 テレビ朝日系放送

土曜ワイド祭り!のようなスペシャルドラマ、やっと拝見することができました。
寺島進さんの役は正直で気持のいいタクシー運転手さん、蛭間正。よく幽霊を乗せてしまうようですが、いたってマイペース。運転手さんの仕事に対して真摯に向き合ってらっしゃいます。

東京、新宿のタクシー運転手、蛭間さんの車に、腹部を刺された一人の女性が乗ってきます。女性はそのまま亡くなってしまい、遺族の希望で遺体を能登まで届けることに。途中、小さな女の子も拾っての旅になります。
蛭間さん、お客さんを目的地に届けるために、なぜか暴力団に狙われたりという危ない目にもあったりします。

全編寺島さん!!寺島さん主役ですねぇ。
寺島さんが運転されるシーンもいっぱい、いつ見てもそのハンドルさばきにホレボレです。
スポンサーサイト

「十年~妻が夫を裏切った日」

「十年~妻が夫を裏切った日」  2004 テレビ東京系放送 

"京都祇園祭りと大文字の炎に身を焦がす女・裏切りと殺人…それぞれの愛し方"前回の放送時のサブタイトル。
そして今回は"死直前の告白三人の女の愛憎の罠"なんでしょうねぇ.....
http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery/143.html

仲良しご夫婦の漆原和樹(大杉漣さん)と冴子(風吹ジュンさん)。奥様は余命いくばくもなく、なぜか秘密があるようで....

寺島進さんは謎の女性由喜子(寺島しのぶさん)の暴力夫、溝口孝道。
後半ワンシーンのみの御出演です。
京都が舞台ですが、言葉はいつもの寺島さん。
そして、相当にしつこい暴力夫とのことだったのですが、奥さんにはっきり言われて、花瓶を扇風機に投げつけて、切なく、やるせなくあっさり帰って行かれます。この時の寺島さんの表情、胸がきゅーんとします...
寺島さんの顔、素敵なんですけど、本当にダメ夫役の服装がねぇ...かなりいけてません。
そしてこのシーン御馴染みの大杉漣さんとのシーンなのがちょっと受けます。

寺島さんの奥さんが寺島さんですね....

「忠臣蔵」...討ち入り

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

最終話 

秘密を守るために脱藩する浪士に怒りの言葉を浴びせる数右衛門さん。眼光鋭いです。いよいよ切れてます!!

内蔵助は瑤泉院様(内匠頭様の奥方様です)に討ち入りの挨拶をしに行くが、間者の気配を感じ、他の藩に仕官が決まったと嘘をつく。内蔵助に失望し、辛く当たる瑤泉院。その夜、間者が捕まり、内蔵助の置いていった物があだ討ちの連判状だと知り、内蔵助の真意を知る。涙する瑤泉院。

討ち入りを前に病で倒れ間に合わぬ者。女に刺され、かなわぬ者。

支度をする浪士達、数右衛門さん、一番年下の浪士に優しく気遣い。所作が綺麗です。

さて、いよいよ討ち入りです。大雪の後、深夜の町を隊列を組んで小走りに急ぐ四十七士。
ここでは数右衛門さん、大きな安兵衛の前に並ばれていますので、すぐにわかります。

吉良邸へ到着。突入です。
数右衛門さんは裏門隊。長槍を手にされています。長槍の立ち回り、とても難しそうですが、もちろん、寺島進さん、「おりゃーっ」等と言いながら度迫力でばったばったと敵をなぎ倒されています。

ちょっとあららは、清水一角さんが橋の上で二刀流で構えたあとです。一方に数右衛門さん、刀で向かいますが、跳ね返され、雪に足をつるっととられてしまいます。これはこそっと見てね...

そして浪士達は激闘の末、本懐を遂げるのでありました。


(数右衛門さん本当は屋外配置だったのに我慢しきれず、屋内に入り戦ったとあります。ものすごーく活躍されたそうです。)

レンタル版にもメイキング入っています。撮影時はなんと真夏!!

http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

ぜひぜひお時間を作ってご覧ください。

と、長々とご紹介しました「忠臣蔵」今日12月14日、討ち入りの日でございます。


「忠臣蔵」...続きその4

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

第8話 危険を犯してでも討ち入りのための情報を手に入れることに必死な浪士たち。
岡野金右衛門(要潤さん)は、棟梁の娘との間に恋心が芽生えていた。娘を利用すれば吉良邸の絵図を見せてもらうことが....葛藤する金右衛門。
その話を聞き、数右衛門(寺島進さん).....「女をたらしこむ術など、武士道には無い!!」なんてお言葉を.....もう、男だわぁ!!

討ち入りを前にそれぞれの浪士が家族や愛するものとの別れを....また、討ち入りの秘密を守るために、家族にも嘘を突き通さなければならない者....

数右衛門さんは堀部安兵衛宅で家族の別れの膳に誘われ、「あいすいませぬ....」なんてちょっとかわいいご挨拶をされています。

そして協力者の商人 天野屋利兵衛さん、内蔵助に江戸見物の手土産にと差し出したものは、事前に用意していた大量の武器武具.....

「これしきのこと...天野屋利兵衛は男でございまっさかいな.....」


http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

明日はいよいよ!!

「忠臣蔵」...続きその3

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

第7話 いよいよ東下りです。
一人息子を浪士に参加させるため費用を捻出し、息子の足手まといにならぬように自害する母親。
垣見五郎兵衛の名を語り旅をする内蔵助、そこに本物の五郎兵衛が...五郎兵衛は目の前にいる偽者こそが"あだ討ち"という本懐を遂げるべく東下りをする内蔵助だと気づき、何も言わずに"自分こそが偽者..."と言ってそっと手形を差し出します。

江戸の町では浪士たちが町人に化け、吉良邸の様子を探ります。
あるものは素性がばれそうになり、ひどい拷問を受けたりもします。
討ち入りまであとわずかです......

この回、寺島進さんの出番はちょっと少なめ....大勢で内蔵助の話を聞くときには、3列目のポジションが多く、お顔がしっかり映るようにちょっと小首をかしげていることが多いです(笑)

http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

すまみせん...まだ続きます...

「忠臣蔵」...続きその2

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

第5話 山科での内蔵助は、相変わらず遊び呆けていらっしゃいます。噂は江戸にも届きます。心配する浪士達。
殿の一周忌にも顔を見せず放蕩三昧。
あだ討ちを今か今かと待ち望んでいる浪士達も我慢の限界.....内蔵助の心を確かめるために不破数右衛門(寺島進さんですね)と大高源五が山科へ向かいます。そこで出会った内蔵助は、本当に昼行灯のよう....

第6話 遊び呆ける内蔵助は、やはり世の目をくらます芝居だった!!!内蔵助の本心を聞き、喜ぶ数右衛門と源五。
京都に集められた浪士達は内蔵助から決意を聞き、改めて心一つに、意を決します。
いよいよ大石東下りです。

すごーく省略していますが、もちろん浪士の皆さん、それぞれにいろいろなエピソードが満載です。
出演される方は沢山いらっしゃいますが、寺島さんの寺島さんならではの出演シーンもしっかり要所要所にありますので、安心してご覧ください。

不破数右衛門さんは本当に一途な熱いお方のようで、寺島さんにはまさにはまり役です。武士魂だわぁ...ホレボレ...

http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

この項、もうちょっと続きます....

「忠臣蔵」...続きその1

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

五代将軍・徳川綱吉の命で式典を司ることになった播州赤穂・浅野家藩主・浅野内匠頭。指導役は吉良上野介。ところが、内匠頭は吉良上野介から今で言うイジメにあうわけです。我慢の限界を超えた内匠頭、城内で刃物を振りかざしてしまいます。ご存知、松の廊下です。
綱吉から切腹を言い渡された浅野内匠頭。浅野家は取り潰し。赤穂城も明け渡しを命ぜられてしまいます。

赤穂藩の主席家老・大石内蔵助(松平健さん)のもとに家臣たちが集まってきます。殿の無念な気持ちをはらすために戦うのか、殿を追って自決するのか....内蔵助の判断を仰ぎます....


第3話 赤穂の城下、雨の中、堀部安兵衛らが怪しい密偵を追いかけます。すると反対側から突然笠を被り長槍を持った男が現れ、見事な腕で密偵を一突き。我等が寺島進さんの登場です。
「亡き殿の怒りを買って浪浪の身となったが忠義の心は忘れておらん...」ああ大きな荷物は鎧一式でした。

もう登場からして寺島さんの大切にされていらっしゃる義侠心です。

第4話 堀部安兵衛の道場で師範代を務め、腕を振るう(暴れる..?)数右衛門。
そして中盤、泉岳寺を参った内蔵助のもとに帰参を願い出る数右衛門。
数右衛門さんのエピソードの見せ場です!!寺島さんの熱演です。

いろいろな濃いエピソードがてんこ盛りですので、どうぞしかとご覧ください。
武士の忠義の心、所作のひとつひとつが心に染みます....

http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

この項、まだまだ続きます....

「忠臣蔵」

「忠臣蔵」2004 10月18日~12月13日 テレビ朝日開局45周年記念企画

季節の風物詩(?)忠臣蔵のご紹介です。
時は元禄14年...で御馴染みの忠臣蔵。寺島進さんは四十七士の一人、不破数右衛門を演じられます。
この不破数右衛門さん、剣の腕を磨くことに一途なあまり、死体を試し切りしてしまった罪で赤穂藩を追い出されていたお方。
お家の一大事当時は浪人の身の上というからいささか変り種。しかも大変活躍されたとあり、忠臣蔵のお話の中でも人気者。

テレビ朝日HPがまだ残っていますので、ぜひご覧ください。
寺島さん曰く、"一番やりたかった役"だそうで、そのワイルドぶりにも注目です。

http://www.tv-asahi.co.jp/chushingura/index.html

この項、次回に続きます....

「逃亡者 木島丈一郎」

「逃亡者 木島丈一郎」2005 12月10日 フジテレビ系放送 

寺島進池袋ナイト 4本目、ラストを飾るのはご存知の方も多い、木島丈一郎。踊るシリーズのスピンオフオフ作品。
ドラマの舞台は映画「交渉人 真下正義」の2ヶ月前。立てこもり犯の人質となった少年の背後に何かの匂いを感じた木島は少年を連れて何故か北へ逃げます。警視庁内部に追われる木島と少年...はたして誰が敵なのか??

寺島さんも大好きなキャラだとおっしゃっていた木島丈一郎。
管理人、あまりにベタで木島のキャラが好き♪と言うのは恥ずかしかったのですが、やっぱり好きです!!この男。

今回の池袋ナイトの質問コーナーで、"気持ちの切り替えはどうされますか"という質問の答えで、「衣装を着ると切り替わるんだよね。衣装合わせの段階で全てが決まる...」みたいなことをおっしゃっていたのですが、まさに木島は衣装合わせからひとりでに歩き始めたキャラではないかと勝手に想像しております。
映画(「交渉人 真下正義」)本編のオーディオコメンタリーでは監督が”木島はかなり本人(寺島さん)に近いですね。"とおっしゃってもいました。

DVDのインタビューで寺島さんは「交渉人から携わっているのでね、俺の中の映画の神というかそれが宿っているので...(以下不明...)」なんてお答えも。

4本通して、寺島さんの偉大さを本当に確認した"寺島進 池袋ナイト"。寺島さんのトークやお人柄にももちろん大感激でしたが、映画館で映画を見るっていうシンプルなことにとっても感動して帰ってまいりました。


「永遠の恋物語 阿部定と吉蔵」

永遠の恋物語 「阿部定と吉蔵」(2004/テレビマンユニオン) 朝日放送系

寺島進 池袋ナイト3本目はこちらの作品。
初めて拝見しました。この作品について、興奮してどこかに書いたな..と思ったら、帰ってきた日にコメントにて書いてしまいました。同じ文ですが、再度こちらにUPさせていただきます。

ナビゲーションが常盤貴子さんで史実などが語られ、ドラマとしては定の供述調書を取る場面がメインです。供述の回想シーンとして吉蔵さんの登場です。実際の吉蔵さんの写真を拝見すると、とっても男前の42歳。
定といるときは何をしても喜ぶ無邪気な子供のようなお方だったそうで、そのあたりもまさにはまり役でした。残念ながらテレビというしばりでカットされた寺島さんのさらなるセクシー映像もあったそうなので、ぜひディレクターズカット版をお願いしたいですね。
秋山菜津子さんの本当に素晴らしい演技、寺島さんもベタ褒めでした。

もう凄い!そして色っぽい!!お二人の気迫の演技、全てを圧倒です。


あ、定は畳屋さんに生まれたそうです...

野狐禅のPV「遡河魚」

以前、ちらりとご紹介した野狐禅のPV「遡河魚」をもう少し詳しくご紹介。

"野狐禅"とは竹原ピストル(ボーカル、アコースティックギター)、濱埜宏哉 (鍵盤、コーラス)2人の音楽ユニットです。
シングル「東京紅葉」「カモメ」「ぐるぐる」のPV(監督熊切和嘉)を、監督が再編集し、短編映画「遡河魚(そかぎょ)」が製作されました。
セカンドアルバム「東京23区推奨オモイデ収集袋」2004年11月17発売の初回特典がこの短編映画「遡河魚」DVDです。

というわけで、30分程の短編映画、ずっと寺島進さんが主役でしっかり映っていらっしゃいます。遡河魚ということで、海から川に遡っていきますが、幼い頃の自分の姿も遡り...
哀愁漂うビデオとなっています。
セリフもあります。
不思議感も漂いますが野狐禅の唄と共にとっても切ないPVです。

相手役の片岡礼子さん、「黒の天使vol.2」でちょっと濃い共演をされています。
http://terajimasusumu.blog95.fc2.com/blog-entry-37.html

そして、竹原ピストルさんは「青春☆金属バット」ですね。
http://terajimasusumu.blog95.fc2.com/blog-entry-70.html

追記
メイキングの画像はこちら
http://www.jvcmusic.co.jp/yakozen/making.html

監督と野狐禅の皆さんで「遡河魚」について語り合う動画もあります。
話は寺島さんの印象などで一杯です。
http://www.jvcmusic.co.jp/yakozen/yakozen.html

「HEAT-灼熱 Ⅱ」

「HEAT-灼熱 Ⅱ」2004 横井健司監督

で第2弾です。
唐沢一派がcool!な戦いを挑むのは関西山王会。大金をめぐり、やったりやられたり!!

寺島進さん演じられる羅(ロウ)はまずは前半にちょこっと情報ソースとして登場...そして後半、食堂のシーンでは唐沢一派に協力を求められていますがきっぱりお断りです。これがこの男、羅の生き方。

羅さんも含めて、前作の方が面白かったかな?(羅さん、前作では意外な行動に出て、ちょっとだけ見せ場があります。)
とはいえ、どちらも寺島さんの出演シーンはうんと短いです。

うーん....



「玄海血風録 外道の群れ」

「玄海血風録 外道の群れ」 2004 金澤克次監督

哀川翔さん主演のシリーズ2作目。アウトローな玄海組五代目組長とそのボディガードの男の物語。

寺島進さんは組長のボディガードを言いつかる上部組織の関東双和連合簑島組幹部 永原秀巳。ボディガードと言いつつも、監視役で遣わされていたのだが....

もうほとんど、哀川さんと寺島さんの二人がカッコいいストーリーです。寺島さんの魅力満載。
しょっぱなはなぜか、公園で吸殻を片付ける地球に優しいヤクザさんですが....

お勧め!



「海賊仁義」

「海賊仁義」2005 室賀厚監督

荒巻組組長の宝が息子の手によって持ち出された。宝は不思議な力を持つオパールの塊、ムルトギ。組の大切な決断はいつもこのムルトギによって決められていたのだ。
ムルトギを取り戻すため、若頭矢吹(小沢仁志さん)はマニラへ飛んだ。

寺島進さんは友情出演です。組長の側近、若頭補佐、坂本良樹。組長のお傍で若頭の帰りを待ちます。マニラ組ではなく、日本の荒巻組シーンのみのご出演です。凄んだり暴れたりは一切ナシです。眼差し優しく、穏やかでいい感じの若頭補佐。友情出演という割には御出演時間はある気がします。

もうお話もハチャメチャで笑うしかないでしょう。
ヤクザ映画としては変り種です。

「極道の妻たち 情炎」

「極道の妻たち 情炎」2005 橋本一監督

ご存知"極妻"でございます。
なんといってもかっこいい姐御(若頭の奥さん)には高島礼子さん。

菅沼組若頭が殺られた。病の床に就く親分、跡目争いが激化する。

寺島進さんは病床の親分の傍に控える若衆(後に若頭(らしいです...))、沖田耕三さん。ご出演は多くは無いですが、控えめな態度とすっとした身のこなし。品のいいお姿にほれぼれです。エンディングロール中も注目してください。

このお話に出てくる肝の座った姐さん達、ほんとにかっこいいです。
榊英雄さん二代目頭をかばって見事な最期でした。

R指定です。飛び散りも半端じゃないです。

メイキングも楽しみにしてね。

プロフィール

guiter sisters

Author:guiter sisters
東日本大震災の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

日本の心はひとつ!さらにまだまだがんばろうニッポン!

●映画『カミハテ商店』(山本起也監督) 11月10日公開!!
●ドラマ『レジデント~5人の研修医』TBS系

/////////////////////

お願い☆こちらの記事から転用される場合はどうぞコメントにてお知らせくださいませ。鍵つきコメント(管理人にだけ見える)もございます。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。